メルぞうの無料レポートの審査について

ちょっと遅くなってしまいましたが無料レポートについて、、、
今回は無料レポートの審査についてお話させていただきたいと思います。
無料レポートを提出したら、審査という事が出てきます。

shinsa

 

 

 

無料レポートはどんな内容でも通るわけではなく
しっかりと審査されて始めて掲載される事になるんです。

 

 

 

 

私はメルぞうにしか出した事がないのですが、
メルぞうの無料レポートの審査について
注意点を挙げさせていただきたいと思います。

 

 

 

 

何故注意点などを知っているか、というと
1度無料レポートの審査に落ちたからです。

 

 

 

 

アフィリエイターの方々みなさんが
「なかなか審査に通らない場合がある」という事を書かれていたりしますが
まさか落ちるとは思っていなかったので結構ショックでした。

 

 

 

そんな私の経験から無料レポートの審査の注意点を書かせていただきます。

 

 

 

登録されるメールマガジンについて記載する

私はこの記載が無くて審査に落ちてしまいました。
無料レポートをダウンロードしてくれた人のメールアドレスに対して
メールマガジンを配信すると思いますが、それについて記載をする必要があります。

 

メールマガジンの名前、メールマガジンの登録URL、メールマガジンの解除URL
この3つは記載した方がいいでしょう。

 

 

内容が被らないようにする

他の無料レポートと内容が被っていると審査が通らないと言われていますが、
丸々パクリのようなものがダメなだけであって
自分の言葉で伝え、自分の経験も踏まえた形でレポートに起こすのは問題ありません。

 

あなたが作った無料レポート、自信を持って提出しましょう。

jishin

 

あなたの情報を書く

あなたの本名を書く必要は無いのでハンドルネームやもしブログを持っているのなら
ブログのURLを書いておきましょう。
ブログにプロフィールを書いているようなら、無料レポート内に
「詳しいプロフィールはこちら」と書き、ブログのURLを貼り付けておきましょう。

 

あなたを知ってもらうことでよりファンになってもらえるかもしれません!

 

 

 

ここでワンポイント!

ターゲットとしている人に分かりやすい文章で書いていくとよりいいです。
画像やイラストを多用し、分かりやすくできるとベストですね!

 

 

 

特に初心者向けの無料レポートを書いていたのに、
いつの間にか専門用語ばかりになってしまうと読んでいる人は混乱してしまいます。

 

 

 

 

誰に向けて書いているのかを考え、分かりやすく書いていきましょう。

 

 

 

無料レポートの審査に落ちてしまうと、再度書き直したり、見直したりする必要があります。
時間ももったいないのでなるべく1回で通るようにしていきましょうね!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
*

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。