WordPressはウイルスに要注意!

WordPressはいろいろなレンタルサーバーで
簡単にインストール出来、SEOにも強いCMSですが
CMSならではの脆弱性(ぜいじゃくせい)を狙った
ウイルス攻撃によるデータの改ざんという厄介な問題があります。

 

 

 

 

「うちは弱小ブログだから大丈夫」
そんなことは思わずにWordPressを使っているのなら
ウイルス対策をしっかりと考えていきましょう。

 

 

 

 

何故WordPressが狙われるの?

wapuu

WordPressというのはCMS(コンテンツマネージネントシステム)という
Webサイト・Webブログを作るのに専門の知識がなくても
簡単に作る事が出来る枠組みが出来ているシステムです。

 

枠組みが出来ているため、その枠組み自体は誰が設定しても一緒。
どんなシステムも完璧な所はなく、穴があったりセキュリティ的に
弱かったりする部分(脆弱性)があります。
Windowsもよくシステムの更新を行ったりしていますよね?
そこのセキュリティ的に穴がある部分を
ウイルス攻撃に狙われる可能性があるんです。

 

WordPressだけではなくCMSのMovable Typeなども
ウイルスには要注意です。

 

 

どうしたらウイルスを防げる?

WordPressは常に脆弱性に対応するために
バージョンアップを行っています。
WordPressを最新のバージョンにしましょう。

 

バージョンアップをすると、何か問題が起きたり
サイトが見えなくなってしまったりする可能性があるので
なかなかやらない人がいます。

 

データのバックアップを取り、WordPressを最新バージョンにしましょう。
万が一の事を考えて、バージョンアップする場合は
アクセス数が少ない時間にやるというのも手です。

 

 

管理画面・FTPのログインID/PASSを推測されにくいものにする

管理画面などのログインIDをadminなどそのままにしている人がいます。
これはウイルス攻撃されやすくなりますのでログインID・PASSは
推測されにくい、ローマ字・数字が含まれているものにしていきましょう。

 

実際にWordPressのユーザーネームが
adminとなっているサイトが攻撃されています!
WordPress狙う大規模攻撃が発生、管理者アカウントを標的に – ITmedia ニュース

 

 

テーマやプラグインには注意する

WordPressなどのCMSはテーマやプラグインを入れることにより、
プログラムが分からない人でも簡単にカスタマイズをする事が出来ます。
テーマやプラグインなどから脆弱性を突かれる事もあります。

 

 

常に周りの情報には気を配るようにしましょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

コメント / トラックバック 2 件

ヘイジ

ぷぅさん、こんばんは。
ヘイジです^^

ウィルスは大きな問題ですね。
自分だけでは無く、読者さんにも
迷惑が掛かってしまう可能性があると思うと、
ウィルス対策だけは確実にやらなければと
いつも思っています。

そう言いながらも、先日のワードプレスの
アップデートにまだ対応していない
自分がいるのですが^^;

記事を読んで思い出しましたので、早速
アップデートしたいと思います。

ところで、おかげ様で先日のレポート、
1週間で650人の方々にダウンロードして頂きました。
感謝の気持ちが尽きないです。
本当に有り難うございました^^

最後に応援ポチッと!

:puh|

>ヘイジさん

こんばんわ、ぷぅです。
コメントありがとうございます!

そうそう!ウイルスって読者の方にも
迷惑をかけてしまうんですよね。
あと、せっかくコメントをしてくださった方の
データもなくなってしまうので
とても切ないですよね。。。

アップデートしてみてくださいね!

>ところで、おかげ様で先日のレポート、
>1週間で650人の方々にダウンロードして頂きました。
わー!すごいです!!650人ってめちゃくちゃ多いですね!
ヘイジさんの渾身のレポートが
多くの方に届けられたんですね!

私も頑張ろう!

応援ありがとうございます!

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文
*

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。